第44号 巧妙に美談化された1ミリシーベルト問題

2016年5月20日(金)

●原子力国民会議ニュースレター 第44号
 「巧妙に美談化された1ミリシーベルト問題」

丸川環境相の問題指摘で議論が再燃した、1ミリシーベルト問題は丸川環境相の完全敗北で決着したが、除染の長期目標1ミリシーベルトは2011年10月の細野環境相(当時)と佐藤福島県知事(当時)会談が行われる以前から決定していたものであった。会談で決まったのは5ミリシーベルト以下の除染費用をそれまで自治体負担としていたのを国の負担に変更しただけのことである。2016年の衆議院予算委員会で細野氏はまるで、その会談で除染の長期目標を5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに変更したかの如く説明し、巧妙に美談化したのである。実際に行われたことは、5ミリシーベルト以下の除染費用を国で負担すると言う、単なる財政負担問題だったのである。

続きはこちらをダウンロードしてお読み下さい。↓

この記事の閲覧数:43

ページの先頭に戻る↑