第113号 実効性のある高速炉開発体制に見直すべき

2019年10月9日(水)

*** 概要 ****

 昨年12月に承認された高速炉開発に係る国の「戦略ロードマップ(以下、RM)」は「もんじゅ」との連続性や「実証炉」への言及もなく、実用化に向け具体性に乏しいものであった。

 資源に乏しい我が国は原子力なくしては立ち行かず、原子力を長期安定的に利用するためには、高速炉を用いた核燃料サイクルの開発・確立が不可欠である。国は高速炉開発体制を実効性あるものに見直すべきだ。

 本編は下記の DOWNLOAD をクリックしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:87

ページの先頭に戻る↑