第108号 特重施設問題で停止命令を出すのは権限の乱用ではないか

2019年6月21日(金)

**** 概要 ****

6月12日原子力規制委員会(NRA)は再稼働した原発の特重施設が期限までに完成しなかった場合、運転停止を命令すると決めた。

最も早くこの期限が来るのは九州電力川内原発1号機の来年3月17日である。九州電力はこの期限までに特重施設の使用前検査が出来ないと言っているから規制委から停止命令が出る可能性が高い。

電力会社は新規制基準に定められた5年の期限に間に合うよう、最大限の努力をすべきである。しかし、仮にテロ対策設備が期限までに完成せず規制委が運転停止命令を出したら権限乱用との誹りを受ける可能性がある。

 本編は下記の DOWNLOAD をクリックしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:262

ページの先頭に戻る↑