第100号 資源の乏しい我が国には高速炉が必要

2019年2月15日(金)

**** 概要 ****

現在のエネルギー基本計画(エネ基)は2050年に向けて原子力発電を可能な限り低減するとしているが、冷静に考えれば資源の乏しい我が国に原子力とりわけ高速炉と核燃料サイクルが必要なことは明白である。これを国民に説明し国民世論を導くことが政治と行政の責任である。
本編はこちらをダウンロードしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:144

ページの先頭に戻る↑