第80号 「日米原子力協定」の安定的継続へ 政府は全力で取り組め

2018年2月19日(月)

**** 概要 ****

 日米原子力協定」の自動延長が決まった。「協定」延長は、今後とも我が国の原子力政策の前提となる。まずは歓迎したい。一方で、原子力プラントの再稼働が5基にとどまり、「もんじゅ」が廃炉になるなど、プルトニウム利用が計画通りに進んでいないのも事実である。
 これらの課題について、米国政府の疑念を招かないように、「エネルギー基本計画2014」の見直し等、政府は全力で取り組むべきである。

本編はこちらをダウンロードしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:115

ページの先頭に戻る↑