第78号 原子力施設の耐震設計の許容基準とは ~規制委はもっと専門家を活用すべき~

2017年12月25日(月)

**** 概要 ****

 熊本地震の後、記者会見で田中前原子力規制委員長が原子力発電所施設(機器)の耐震設計について間違った発言をした。許容基準が弾性範囲内に留まると誤解したらしい。知ったかぶりせず、規制庁の専門家に説明させるべきであった。
 規制委は誤解を流布したまま放置せず、今からでも訂正すべきである。また、規制委は専門家をもっと活用すべきである。

本編はこちらをダウンロードしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:175

ページの先頭に戻る↑