第56号 米国の戦略的な取り組みを大いに参考にすべき

2016年11月30日(水)

米国の戦略的な取り組みを大いに参考にすべき

**** 概要 ****

米国TVA のワッツバー原子力発電所2号機が、新設プラントとして商業運転を始めた。20年ぶりのことである。2020年までにさらに4基が運転に入る。電力安定供給と気候変動問題対応の点で原子力発電を重要な選択肢に位置付けている結果と言える。我が国も、現今の原子力発電の停滞から早急に脱し、我が国のみならず世界の将来のために、戦略的な取り組みが求められる。

本編はこちらをダウンロードしてしてお読み下さい。↓

この記事の閲覧数:111

ページの先頭に戻る↑