第122号 大飯原子力発電所設置変更許可取り消しは不当~上級審の冷静、合理的な判断を待ちたい~

2021年2月18日(木)

*** 概要 ****

 大阪地裁が12月4日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機の原子炉設置変更許可を取り消した。規制委の安全側に立った厳格な審査の実態を無視した、恣意的、皮相的な判決である。2050年脱炭素社会の実現に原子力発電は欠かすことは出来ない。判決を不服として国が控訴したのは当然であり、上級審の冷静、合理的な判断を待ちたい。

 本編は下記の ダウンロード をクリックしてしてお読み下さい。

この記事の閲覧数:161

ページの先頭に戻る↑