原子力百家争鳴(速報)第25号

2016年9月16日(金)

<タイトル>

脱原子力と言っていたスウェーデンが原発維持に

<概要>

2040 年に再エネ100%、脱原子力を目指すとスウェーデンで決定していました。ところが最近、現在運転している10基の原子力炉の運転継続を減税で後押しして、2040 年以降も原子力発電を利用することに政党間で合意しました。
人類の生存を危うくする温室効果ガスの発生を抑える為に、日本も化石燃料に多くを頼ることは止め、原子力を利用すべきです。

この記事の閲覧数:340

ページの先頭に戻る↑