原子力百家争鳴(速報)第21号

2016年9月15日(木)

<タイトル>

「川内原発・知事の停止要請は重い」か?

<概要>

 鹿児島県知事は熊本地震を受け不安が高まったとして、川内原発を一時停止して再点検するよう、九州電力に要請しました。毎日新聞は社説で知事の要請は重いとし、知事の要請を是とした論評をしました。
規制委員会は熊本地震後に直ちに調査を行い、熊本地震の影響は十数ガルで、川内原発で想定した基準地震動620 ガルよりはるかに規模が小さく、停止する必要がないとの見解を述べています。
規制委員会の見解を踏まえると、運転を停止して調査する必要はありません。知事が自分で確かめたいのであれば、運転中でも調査すればよいことでしょう。
あわせて社説では避難計画の不備も指摘していますが、避難計画を充実することは、運転と並行して継続的に進めることができますので心配するには及びません。

詳しくは、以下よりダウンロードして下さい

この記事の閲覧数:57

ページの先頭に戻る↑