第49号 原子力規制委員会は国際アドバイザーの意見を真摯に聞け

2016年8月29日(月)

原子力規制委員会は国際アドバイザーの意見を真摯に聞け

**** 概要 ****

原子力規制委員会(規制委)は、平成27年11月、3人の国際アドバイザーと意見交換し、後日、手紙で意見を受け取った。そこには、現在の規制に種々の観点から改善の必要があるとの指摘があった。
しかし、原子力規制庁(規制庁)が平成28年4月に示した国際アドバイザーの意見に対する見解は受け止め方が軽すぎる。規制委が受けたアドバイスに、規制委でなく規制庁が回答することにも疑問があり、規制委は内容的にも組織論的にも国際アドバイザーの意見をもっと真摯に聞く必要がある。

本編はこちらをダウンロードしてしてお読み下さい。↓

この記事の閲覧数:194

ページの先頭に戻る↑