原子力百家争鳴(速報)第17号

2016年8月25日(木)

<タイトル>

「陰る太陽光 倒産急増」は最初から予想されていた

<概要>

 8月10日産経新聞は「陰る太陽光 倒産急増」と題する記事を掲載した。今年1~7月の倒産件数は前年同期比7件増の37件、負債総額は15.7%増の179億円余に上る。太陽光バブルの収束で市場は縮小を始めており、事業の淘汰が加速する恐れがあると報じた。元々は菅政権下で始めた安易な認定制度が原因であり、即刻この制度を廃止すべきである。
詳しくは、以下よりダウンロードして下さい

この記事の閲覧数:60

ページの先頭に戻る↑