原子力百家争鳴 (速報)第8号

2016年7月8日(金)

<タイトル>

規制委員会の中立性が損なわれないか
-陳述書提出の「島崎前規制委員」の倫理観-

<概要>
 島崎氏は田中規制委員長と面談、地震規模の算定を見直すべきと提案したと報じられた(6月17日)。その提案は受け入れられた。1年半前まで、島崎氏は大飯の活断層問題を審査する立場にあった。こんなことがあってよいものだろうか。その論拠を以下に示す。

詳しくは、以下よりダウンロードして下さい

この記事の閲覧数:48

ページの先頭に戻る↑