唐津「放射性廃棄物の地層処分を考える」対話集会(平成28年1月30日)

2016年1月20日(水)
テーマ:
放射性廃棄物の地層処分を考える
日程:
平成28年1月30日
時間:
13:30~16:30
概要:
<プログラム>
(1)開会宣言 原子力国民会議理事 泉舘 昭雄
(2)開会挨拶 日本会議佐賀唐津支部 森田 淳
(3)原子力国民会議紹介 九州支部代表 清水昭比古
(4)講演 「放射性廃棄物の地層処分について」
九州大学大学院工学研究院教授 出光 一哉氏
(5)情報提供 「放射性廃棄物地層処分への取組み状況について」
原子力発電環境整備機構 担当者
(6)休憩(15分)
(7)質疑応答(60分)
対応者 九州大学大学院工学研究院教授 出光 一哉氏
原子力発電環境整備機構 担当者
原子力国民会議九州支部代表 清水昭比古
(8)連絡事項
(9)閉会宣言

<お問合せ/申込先>
原子力国民会議九州支部、日本会議佐賀唐津支部
メール:yuhcamino@gmail.com  FAX:0955-72-6981
場所(会場):
大手口センタービル3階会議室
住所:
唐津市南城内1-1 (地図
参加費:
無料
主催:
原子力国民会議九州支部、日本会議佐賀唐津支部

平成23年の東北大震災による国内の全原子力発電所の稼働停止後、昨年ようやく九州電力川内原子力発電所の再稼働にこぎ着けることができました。しかしながら今後、原子力発電所の再稼働を推進していく上で、放射性廃棄の処分が問題とされていくことは必至と思われます。

今回、日本会議佐賀唐津支部は、原子力国民会議と連携し、その放射性廃棄物の地層処分をテーマにして、対話集会を以下のように開催致します。

皆様に於かれましてはご多忙のこととは存じ上げますが、ご理解、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

●開催概要
講  演 : 「放射性廃棄物の発生について」
話題提供 : 「放射性廃棄物の地層処分について」
質疑応答

●定員 : 40名(事前登録)

●お問合せ/申込先 : 原子力国民会議九州支部、日本会議佐賀唐津支部
メール:yuhcamino@gmail.com
FAX:0955-72-6981

 

この記事の閲覧数:73

ページの先頭に戻る↑