原子力安全合同シンポジウム(2016年1月28日)

2016年1月8日(金)
テーマ:
原子力安全合同シンポジウム
日程:
平成28年1月28日
時間:
10:30~17:40(10:00開場)
概要:
プログラム (各講演の最後に5分の質疑討論をお願いします)

10:30-12:00 我が国の原子力安全対策(20分×4件)【保全学会】
1)福島第一原発事故と新規制基準  奈良林 直(北海道大学)
2)過去に学ぶ ~女川原子力発電所~  若林 利明 (東北電力)
3)東海第二発電所 東北地方太平洋沖地震時の対応について  竹内 公人 (原電)
4)福島第二原子力発電所の事故収束の教訓   川村 慎一(東京電力)

<昼食>

13:00-13:30 深層防護とストレステスト 岡本孝司(東京大学)【機械学会】

13:40-15:00 フィルターベント(放射能除去フィルタ)の役割【機械学会FCVS-WG】
1)フィルターベントの原理と高性能化  奈良林 直(北海道大学)
2)フィルターベントの開発と設置  川村 慎一(東京電力)
3)ヨウ素除去機能強化型フィルターベントの開発  Dr.C.Stiepani(AREVA)
4)フィルターベントシステムによる更なる安全性向上  伊藤 秀一(日立GE)

<休憩>

15:10-16:00 断層のリスク評価と工学的安全対策【原子力学会】
1)断層変位とそのリスク  山崎晴雄(首都大学東京)
2)工学的安全対策  岡本孝司(東京大学)

<休憩>

16:10-17:40 地球環境と原子力 映画「パンドラの約束」上映(90分)

●定員:300名
●問合せ先:一般社団法人 日本機械学会 総合企画グループ 櫻井 恭子(TEL:03-5360-3505)

●参加申込方法:Faxまたはe-mailにて 原子力安全合同シンポジウム申込みと明記の上、氏名(所属)をご連絡下さい。団体・グループで申込みの場合は、代表者の氏名、所属団体名と参加人数をお知らせ下さい。定員になりましたら締切ます。
FAX:03-5360-3509、E-mail:sakurai@jsme.or.jp
場所(会場):
東京大学武田先端知センタービル 武田ホール
住所:
〒113-8654 文京区本郷7-3-1-5階 (地図
参加費:
無料
主催:
日本機械学会安全規制の最適化研究会
共催:
日本原子力学会、日本保全学会、原子力国民会議、原子力学会シニアネットワーク(協賛)

日本機械学会安全規制の最適化研究会の主催、原子力国民会議は共催としてシンポジウムを開催致します。

福島第一原子力発電所の事故やそれ以外の事故を収束させた発電所の教訓、海外の原子力発電所の安全対策、海外と機械学会で実施したストレステストによる原子力発電所の事故耐性評価、事故の緩和対策、フィルターベント(放射性物質除去装置)、活断層のリスク評価と工学的安全対策など、一般市民の皆様と共に考えていきたいと思います。

この記事の閲覧数:176

ページの先頭に戻る↑