原子力促進交流会─原子力衰退の流れを断つ─

2017年11月10日(金)
テーマ:
─原子力衰退の流れを断つ─
日程:
平成29年11月22日
時間:
17:00~19:00
概要:

1.国会議員の方々のご紹介(約10分)
1.1 議員代表からのご挨拶  髙木 毅氏(衆議院議員)
2.地方自治体関係者のご紹介(約10分)
2.1 代表首長からのご挨拶  品田 宏夫氏(刈羽村長)
2.2 市町村議長のご紹介
3.乾杯  北村 誠吾(衆議院議員) (3分)
4.国会議員、地方議員、事業者の意見交換 

場所(会場):
大手町サンケイプラザ301・302号室宴会場
住所:
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 (地図
参加費:
お一人5,000円(立食)※当日受付にてお支払い下さい。
主催:
一般社団法人原子力国民会議

お申込み

パンフレット↓


 現在の我が国の原子力を取り巻く状況は、反原発の報道等が吹き荒れ、原子力の自然衰退の状況にあります。その原因は、

  1. 反原子力のマスコミによる放射能怖いの宣伝とそれに踊らされる世論
  2. 原子力規制委員会の過剰な安全規制で運転再開が異常に遅れている
  3. 新増設・リプレース無しでは、40年寿命縛りで2050年頃には「原子力の火が消える」可能性

 この原子力衰退の流れを断つため、原子力国民会議では、大規模な署名活動を実施し、今後世論調査など、各立地地域及び各種団体と連携する活動を行って参ります。「原子力促進交流会」では、立地地域の活動報告全国大会、世論調査世話人制度による世論調査、今後の原子力に向けた新しい提言、について情報提供致します。その後、原発リプレース・新増設、再稼働の促進など、差し迫った課題について、政権与党の議員の方々、地方議会の首長の方々、民間・産業界の方々が率直な意見交換を行う場としたいと考えております。
諸事ご多用のことと存じますが、何卒ご来臨を賜りたく、ご案内申し上げます。

 

この記事の閲覧数:150

ページの先頭に戻る↑